/

この記事は会員限定です

時間管理で健康確保、難しく コロナ下の働き方改革

黒田祥子・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ後もテレワークの環境整備進めよ
○ギグワーク普及も時間管理困難化の一因
○企業は労働者の休息時間の確保に転換を

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により、世界は働き方の大きな変化を経験した。ニューノーマル(新常態)といわれる働き方は定着するのか。本稿ではこの1年の働き方の変化を観察するとともに、日本が推進してきた長時間労働是正に関する新たな検討課題を考察する。

◇   ◇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン