/

この記事は会員限定です

中銀の抑制策、いばらの道 米インフレと金融政策

マーカス・ブルネルマイヤー プリンストン大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○耐久消費財の需要増とエネルギー高響く
○金融引き締めは緩慢でも拙速でもリスク
○日本は今後も大幅なインフレ回避の公算

米国、欧州、南米、さらにアジアの一部でも、この1年でインフレ見通しが大幅に変化した。インフレ率の上昇は、日本にもいくらかは影響を及ぼしている。

この状況に至る前には、米連邦準備理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)などの主要中銀は金融政策枠組みの戦略的な見直しに取り組んでお...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン