/

この記事は会員限定です

選択的夫婦別姓、前に進むか 岸田首相の「聞く力」試す

編集委員 中村奈都子

[有料会員限定]

衆院選を前に選択的夫婦別姓の導入を巡る議論が盛り上がってきた。自民党はこれまで導入の是非には踏み込んでこなかった。ただ岸田文雄首相はこの春に設立した「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」の呼びかけ人の一人だ。国民の間ではすでに会見やシンポジウムが企画されており、「議論」から先へ進むことが求められそうだ。

「岸田総裁は個人的には賛成でも、立場上はっきり言えないのだろう。『ああよかった、これ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2062文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン