/

この記事は会員限定です

解雇の金銭解決、日本も動き 柔軟な設計で新陳代謝促せ

編集委員 水野裕司

[有料会員限定]

雇用主が労働者に一定の算定方法のもと金銭を支払って雇用契約を解消する「解雇の金銭解決制度」について、厚生労働省の労働政策審議会で導入の是非の議論が始まった。この制度は今いる会社で力を発揮できていない人が、新たな職に移って活躍をめざすための手段になりうる。「解雇」という言葉に過度なアレルギーを持たず、人と仕事のより良いマッチングを進める観点から制度の創設を急ぐべきだ。

差別的解雇は対象外

4月に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3295文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン