/

この記事は会員限定です

立正大「文系モデル」で人材育成 データサイエンス注力

吉川学長インタビュー スポーツ分析など挑む

[有料会員限定]
よしかわ・ひろし 東大経済学部卒、エール大大学院博士課程修了(Ph.D.)。東大大学院教授を経て立正大学教授。専攻はマクロ経済学。著書に「マクロ経済学研究」「ケインズ」「高度成長」「デフレーション」「人口と日本経済」など。

データサイエンス(DS)学部、学科の新設が相次いでいる。社会にあふれる大量のデータを使い新しい知見を見つける学問だ。立正大学が4月に新設した学部が「文系」モデルとして注目を集めて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1783文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン