/

この記事は会員限定です

関西スーパー争奪決着 食品スーパー、地区予選の終わり

編集委員 中村直文

[有料会員限定]

関西スーパーマーケットを巡るエイチ・ツー・オーリテイリング(H2O)とオーケーの争奪戦が決着した。これで関西地区はH2Oが食品スーパーの「盟主」として影響力を持つことになる。群雄割拠の食品スーパーだが、再編が進み、ようやく地区予選の終わりが見えてきた。今後はイオンや3D(ディスカウントストア、ドラッグストア、デジタル)と競う全国大会に足を踏み入れる。

H2O案承認の背景に地場の論理

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

関西スー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1536文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン