/

この記事は会員限定です

今世紀初の円買い介入は? 焦点は米が支持するか

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「為替の問題に関し、日米の通貨当局で緊密に意思疎通を図っていくことを確認した」。3月29日、神田真人財務官がこう語り、注目を集めた。アンディ・ボーコル米財務次官(代行)との会談を終えた後の発言だった。

会談は円相場が急落する中で開かれた。前日には1日の変動幅が3円を超える異例の展開となり、一時1ドル=125円台と約6年半ぶりの安値をつけていた。日銀が指し値オペ(決まった金利で国債を無制限に買う措...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1421文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン