/

この記事は会員限定です

「1人10万円」検証は十分か 渡辺安虎氏

東京大学教授

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が国民1人あたり10万円の給付金を配り始めてから1年になる。感染状況が当時より深刻になりつつある中、政策効果の理解について議論したい。

1年前を振り返ると、感染状況と経済の関係について経済学は直接的に役立つ政策効果の数量的な把握はできていなかった。しかし現在は日本経済学会のウェブサイトに新型コロナに関する100本近い論文がまとめられ、国際的にはさらに膨大な研...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン