/

この記事は会員限定です

三越伊勢丹、不用品買い取りサービス後発参入の勝算

編集委員 大岩佐和子

[有料会員限定]

三越伊勢丹が今秋、百貨店初の不用品買い取りサービスを始める。新型コロナウイルス禍による生活様式の変化で消費者のサステナビリティー(持続可能性)への意識が急速に高まり、使わなくなったモノへの責任まで果たさなければ、顧客からの支持を得られないと考えた。とはいえ、買い取りは大手からスタートアップまで多数の競合がひしめくレッドオーシャン市場。後発参入の三越伊勢丹の勝算とは――。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン