/

この記事は会員限定です

がんなど「体液」で早期発見 健康支援ビジネスも登場

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

がんや認知症などの病気の有無や生活習慣病のリスクを、微量の血液や尿など人の「体液」から判断する手法が広がっています。血液中の遺伝物質を調べるなど新しい技術が応用され、尿の匂いからがんを発見するといった手法も登場しました。得られた個人の健康リスク情報をもとに生活習慣の改善を支援するビジネスも生まれています。

体液からの病気の診断で今注目されているのは、血液からマイクロRNA(リボ核酸)という病気と関...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2807文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン