/

この記事は会員限定です

大物ミュージシャン「楽曲売却」の行方

NIKKEI The STYLE 文化時評

[有料会員限定]

ボブ・ディランやブルース・スプリングスティーン、ポール・サイモン、ニール・ヤングら、多くの大物ミュージシャンが楽曲の権利を相次ぎ売却して話題になっている。

海外メディアが報じた推定売却金額はほとんどが数百億円規模と巨額になっている。買い手はユニバーサル音楽出版グループ(UMPG)、ソニー・ミュージックエンタテインメント、音楽特化型ファンドの英ヒプノシス・ソングス・ファンドなどだ。

ノーベル文学賞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1730文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

NIKKEI The STYLE の名物コラム「文化時評」の記事サイトです。アート、文学、サブカルチャーなど文化・社会における旬の話題やニュースを論評します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン