/

この記事は会員限定です

中国指導部、「創造的破壊」に慎重 苦境続く経済

渡辺真理子・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○鄧小平は既得権益破壊通じ高度成長実現
○現政権は国家安全優先し対外開放犠牲に
○パワー志向だけでは自ら担うコスト増大

中国では今秋、中国共産党大会が開催される。中国経済が今後どう推移するかは、中国の政治経済体制がどんな選択をするのかにかかっている。政治経済学での経済成長と制度と技術選択の関係に関する議論を参照しながら、俯瞰(ふかん)的な視点から考えたい。

◇   ◇

中国は世界第2位の経済大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン