/

この記事は会員限定です

民泊底入れの兆し 「エアビー飲み」追い風、訪日客期待

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で大きな影響を受けていた民泊の利用に、底入れの兆しがでてきた。若者の利用が戻ってきたほか、6月からインバウンド(訪日外国人)が団体ツアーに限って解禁され、運営事業者は個人旅行の解禁に期待をかける。コロナ禍前は近隣への騒音などで問題も指摘されており、日本民泊協会(大阪市)は質の高い民泊の認証制度を作って本格回復に備える。

民泊の認定施設数が廃止を上回る

全国でも民泊施設が集中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2210文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン