/

この記事は会員限定です

[社説]人権と公共の福祉をどう均衡させるのか

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの流行が続くなか、繁華街への出歩きなどを法的に制限すべきだとの声を聞くことがある。対策としては有効かもしれないが、日常生活に公権力が介入することを嫌がる人は多いだろう。個人の自由と、社会の平穏のバランスをどう取ればよいのか。コロナ禍での憲法記念日に法制度のあり方を考えたい。

世界の近代憲法のほとんどは、君主の横暴から人々を守るためにできた。行きたいときに行きたいところに行き、好き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り708文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン