/

この記事は会員限定です

中国経済、行き過ぎた悲観論 ウィリアム・ブラットン氏

元HSBCアジア太平洋株式調査責任者

[有料会員限定]

中国の成長が債務に支えられていると警告する人々にとって、不動産大手の中国恒大集団などの信用不安をバブル崩壊とみなすのは簡単だ。中国経済への悲観派は、持続不可能な債務の水準を巡る不安が証明されて破滅的な結果につながる可能性があり、米国を抜き世界最大の経済大国になるのは夢のまた夢になったと考える。

だが、事態は単純ではない。我々はこうした事態を何度も経験してきた。中国の急速な台頭については、中国の発...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1531文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン