/

この記事は会員限定です

改憲論議、活発に 参院選での与野党浮沈に影響

編集委員 大石格

[有料会員限定]

17日に召集される通常国会は、例年とおもむきが変わる。開店休業の感があった衆参両院の憲法審査会が頻繁に開かれそうだからだ。憲法改正を問う国民投票にたどり着くのはさすがに簡単ではないが、かなり具体的な改憲案をめぐる論議に踏み込むのは間違いない。憲法改正の元年ともいうべき年になるだろう。

現行憲法は1947年に施行されて以来、いちども改正されたことがない。改正論議が進むと、憲法擁護を基調としてきた戦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン