/

この記事は会員限定です

実質で見る破格の円安 日本経済、「体力」低下著しく

齊藤誠・名古屋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○実力把握は実質金利と実質為替レートで
○円の長期実質レートは21年以降大幅低下
○日本経済の惨状や政策の無力に向き合え

景気対策を目的として展開されてきた超低金利政策と大胆な財政出動の組み合わせは、1995年から数えると四半世紀余りとなった。その間、物価や金利の高騰などの副作用が懸念されながらも、この政策ミックスは成り行き任せでいつも正当化されてきた。

今回も他の先進国が大幅な金利引き上げに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2614文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません