/

この記事は会員限定です

転勤制度に見直しの動き 「不本意」解消へ意向調査も

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

辞令を受ければどこへでも赴任――。会社員の宿命ともいえる転勤制度を見直す動きが広がり始めました。異なる地域・職場での経験は社員の成長につながると、転勤を評価する見方がある一方で、社員はその効果に懐疑的との指摘もあります。不本意転勤をなくすには企業側の意識変革がカギとなりそうです。

東京海上日動火災保険は2026年度までに本人の同意がない転勤を廃止すると明らかにしました。現在、国内外の拠点で働く転...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3115文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン