/

変わる良品の定義 環境対策あってこそ 新浪剛史サントリーホールディングス社長

脱炭素社会 創る

サントリーホールディングスは2030年に自社生産拠点での温暖化ガス排出量を半減、取引先を含むバリューチェーン全体でも3割減らす計画を掲げる。50年の脱炭素達成に向け原料や包材、包材のリサイクルを含むサプライヤー、配送業者などとの共同作業が欠かせない。新浪剛史社長は「良品」の定義が大きく変わったと指摘、温暖化対策は必ず実行しなければならないと力説する。

石油由来ボトル全廃、30年までに

「社会との共生」はサントリーグループの創業精神と重なる。1899年に鳥井信治郎が創業してから120年あまり、当社は企業理念の下、豊かな自然や社会を次の時代につなぐ活動に取り組んできた。とりわけ酒類や清涼飲料に欠かせない水は貴重な経営資源。次代にも引き継ぐため、日本では工場でくみ上げる地下水量の2倍以上の水を工場の水源涵養(かんよう)エリアの森で育んでいる。海外でも2050年には取水する以上の水を涵養する考えだ。

集中豪雨や洪水、山火事といった地球温暖化が引き起こす自然災害が頻発している。事業活動に伴う二酸化炭素(CO2)をいかに減らすか。しっかり取り組む。

プラスチックは便利なだけでなく、食品保存や衛生面でも役割を果たしている。一方、海洋汚染などの形で生物の多様性に影響を与えている。プラスチックを資源として再生し、サーキュラーエコノミー(循環型経済)を確立するとともに、石油由来から植物由来に切り替えることでCO2排出を減らすよう努める。石油由来の新たなペットボトルを30年までにすべてなくすなど、50年には取引先を含むバリューチェーン全体でカーボンニュートラル(CO2排出の実質ゼロ)をめざす。

やらない選択肢ない

これまで食品・飲料分野においては「安全安心」「おいしい」「健康」などが良品の定義だった。この良品の定義が大きく変わってきた。消費者は地球温暖化対策などの約束をきちんと守り、実行する企業の商品を買うようになっている。環境対策は「必ず実行すべきこと」であって、これをやらない選択肢はない。企業の存続にもかかわる重要な経営戦略だ。

「環境目標2030」では、自社拠点での温暖化ガス排出量50%削減(19年比)、バリューチェーン全体の排出量30%削減を目標に設定した。「環境ビジョン2050」では、バリューチェーン全体での温暖化ガス排出量実質ゼロをめざす。5月に稼働した「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」(長野県大町市)ではCO2排出量実質ゼロ工場を実現した。

22年中に、日米欧の自社生産研究拠点で再生可能エネルギー由来の電力使用率を現在の約3割から100%に引き上げる。30年までに約1000億円を投じ、設備投資など目標達成への取り組みを加速する。「使わせていただいている」自然資本をしっかり再生し、サステナビリティー(持続可能性)に配慮した商品をつくっていく。

グローバルに事業を展開する企業として直面する課題は、国や地域ごとの状況の違いだ。アジアでは、火力発電に頼らず一足飛びに再生エネに切り替えることは非常に難しい。脱炭素への移行では地域の事情にあったルールを世界に認めてもらわなければならない。日本を含むアジアでは、風力発電や太陽光発電といった再生エネが地理的条件に左右されてしまう面もあり、欧州のような電源構成には簡単に移行できない。

第三者機関が認証

目標の進捗具合は第三者機関にきちんと認証してもらう。どこまで進んでいて、何が課題で、その課題をどう解決していくのか。情報を開示することで、ステークホルダー(利害関係者)とコミュニケーションをしっかりとっていく。良品をつくり、世の中の信頼を得て社会の役に立つ。今までもそうしてきた自負はあるが、今後もそういう会社であり続けたい。社員のモチベーションやエンゲージメントが上がり、よい人材も集まる。取引先の企業ともノウハウや技術を共有し、一緒になって課題を解決する循環を築く。

使用済みプラスチックの再資源化に向け、業界を超えた12社による共同出資会社アールプラスジャパン(東京・港)を20年に設立した。米国のバイオ化学ベンチャーの技術をもとに、環境負荷の少ない効率的な再資源化技術の実用化に挑む。ここは競争領域ではない。あらゆる企業に参画してもらい「共創」によって事業規模を大きくし、循環型経済を実現するためだ。開発した技術や収集ノウハウはアジア諸国とも共有し、課題解決に取り組んでいく。

CO2排出量実質ゼロ工場、長野で稼働


 サントリーホールディングス傘下のサントリー食品インターナショナルが5月に稼働した「サントリー天然水 北アルプス信濃の森工場」はCO2排出量実質ゼロを実現した。太陽光パネルなど再生可能エネルギーの発電設備、バイオマス燃料を用いたボイラーを導入したほか、再生エネ由来の電力を調達することによって同社で初めてCO2ゼロを達成した。
 この工場は「サントリー天然水〈北アルプス〉」を生産する。「南アルプス」の山梨県、「阿蘇」の熊本県、「奥大山」の鳥取県に続く国内4カ所目のミネラルウオーター工場。敷地面積は約41万平方㍍で、延べ床面積は約4万平方㍍。設置にあたって約240億円を投じた。年間生産能力は1500万㌜(1㌜は550㍉㍑入りペットボトル24本換算)で、長野県や新潟県、北陸、東海地域に供給する。
 サントリーはこれまでも様々な形でCO2排出の削減に取り組んできた。ウイスキー蒸留所では蒸留工程で出る搾りかすを燃料として活用したり、製造工程で使用した水をきれいにして自然に返す過程で生じるバイオガスを熱源として製造工程で使用したりしている。豪雪地に持つワイナリーや天然水工場では、空調や貯蔵などの冷熱源に雪室を活用している。
 ペットボトルのリサイクルについては、PET樹脂の不純物を高温・減圧下で吸い出して再び利用する「BtoB(ボトルtoボトル)リサイクルシステム」を2011年に国内の飲料業界で初めて開発した。さらに、ペットボトルリサイクルの一部工程を省くことで、環境負荷の低減と再生効率の引き上げを実現する「FtoPダイレクトリサイクル技術」を18年に開発。新たに石油由来の原料を使う場合と比べCO2排出量を60%以上削減できるという。
 共同出資で設立したアールプラスジャパンは、プラスチックごみをプラスチックの原料として再生する事業を27年にも始める。東洋製缶グループホールディングスアサヒグループホールディングスなど12社が共同出資して20年に設立したが、現在の出資企業は32社(出資意向も含む)に上り、この分野に対する産業界の関心が高まっていることを映している。
 バイオ化学ベンチャーの米アネロテック(ニューヨーク州)の技術を使い、使用済みのレジ袋や食品トレーなどをプラスチック原料としてリサイクルする。サントリーホールディングスの新浪剛史社長は「1社だけでは経済合理性が合わないが、いろんな競争相手の企業にも入っていただき、一緒にやっていくことで持続可能性を高めたい」と話す。脱炭素をはじめサステナビリティーに対する意識は競合を含む大手企業の経営者のみならず、従業員や投資家、取引先、商品を買い求める消費者の間でも高まっているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、データ解説や連載企画を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン