/

この記事は会員限定です

伊藤公平・慶応義塾長 「未来社会のデザイン、民間と」

[有料会員限定]

慶応義塾長に5月28日付で伊藤公平氏が就任した。時代の転換点を迎える中、教育・研究の課題認識や変革に取り組む姿勢について聞いた。

――就任記者会見でグローバル教育での慶応のプレゼンス(存在感)を高めたいと話しました。

「よい学生を一人でも多く、海外に送り出すことが大切だ。理工学部の私の研究室では学生が海外に出るほど、それに刺激を受けて残った学生のレベルも上がり、博士課程に進む者が増えた」

「もう一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン