/

この記事は会員限定です

再構築、法制度への信頼軸に 米中分断下の供給網

冨浦英一・一橋大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○コロナ前から国際的な供給網は転換期に
○国内拠点集中や無秩序な分散化もリスク
○新たな枠組み続くと判断なら企業対応も

国境を越えて展開するサプライチェーン(供給網=SC)の全貌を公的統計で把握するのは難しい。だが例えば、米アップルが公開するサプライヤー(部品会社など)リストによれば、30もの国・地域にまたがる。

長く伸びた生産工程が多くの国々に立地するスネーク(蛇)型だけでなく、多くの国々のサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2644文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン