/

この記事は会員限定です

中国発インフレは来るか 人口減で「世界の工場」に転機

編集委員 西村博之

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

中国発のインフレを警戒する声が出てきた。働き手の人口減で「世界の工場」の賃金が上がり、各国の物価を押し上げるという。長く続いた低インフレの時代が転換点を迎える可能性がある。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

5月末、中国共産党は突如として夫婦に3人目の出産を認めると決めた。「高齢化で労働力が減り介護負担も増す」(寧吉喆・国家統計局長)との危機感からだ。

火をつけたのは5...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン