/

この記事は会員限定です

企業に「脱・東京」の動き 社員の暮らしは豊かになるか

編集委員 石塚 由紀夫

[有料会員限定]

NTTは10月に本社機能の一部を東京都心から群馬県高崎市と京都市に移す。経営企画部門や技術企画部門などで働く約200人が対象だ。同社に限らず、新型コロナウイルスの感染拡大を契機に本社やその一部機能を東京圏から移す企業が増えている。戦後長らく続いてきた一極集中。その潮目が変われば、働き手は人口集中による窮屈な暮らしから解放される。

帝国データバンク「本社移転動向調査」によると、2021年に首都圏(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン