/

この記事は会員限定です

中国、台湾へグレーゾーン戦術 デレク・グロスマン氏

米ランド研究所上級防衛アナリスト

[有料会員限定]

台湾の国防部(国防省)によると、中国軍の戦闘機など39機が1月23日、台湾の防空識別圏(ADIZ)に侵入した。極めて挑発的で、2月も侵入は続いた。

2021年の中国軍機の侵入は延べ約950機に上り、20年の2.5倍の頻度だったとされる。21年は56機が侵入した日もあったが、22年1月23日は侵入の原因が特徴的だったようだ。日米両国が同22日、フィリピン海で米海軍の原子力空母なども参加して合同の演...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1518文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン