/

この記事は会員限定です

「メルケル後」ドイツの行方 二大政党崩れ読めぬ連立

編集委員 清水 真人

[有料会員限定]

欧州の安定を左右する9月26日のドイツの連邦議会総選挙が波乱含みだ。中道右派のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と中道左派の社会民主党(SPD)の2大政党の長期低落に歯止めがかからず、そこに環境政党の緑の党が割って入る勢い。前例のない混戦で、首相を16年間務めたアンゲラ・メルケルが引退する選挙後に、どんな連立政権が誕生するかも読み切れない。

9月総選挙、緑の党が「台風の目」

「私は気候問題...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン