/

この記事は会員限定です

債券は株式より賢いのか

十字路

[有料会員限定]

「株式は不運を予言する者の投資対象ではない。優れた株式投資家になるには楽観主義者でなければならない」。米著名投資家のハワード・マークス氏の言葉だ。「一方、楽観的な債券投資家という表現は矛盾語法だ。債券投資は懐疑的な見方やダウンサイドへの配慮が求められる」

アップサイドに上限がない株式と異なり、債券のリターンは利払いと返済元本にもとづく利回りが上限だ。ゆえに債券投資は慎重に損失を回避することが最優先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り557文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン