/

この記事は会員限定です

米主導の枠組み、対中で難題 J・クラブツリー氏

英国際戦略研究所アジア エグゼクティブディレクター

[有料会員限定]

日本と米国、オーストラリア、インドは9月下旬、4カ国の首脳による初の対面会議をホワイトハウスで開いた。「Quad(クアッド)」と呼ばれる日米豪印の枠組みは、中国に対抗する計画をどれくらい早く実行に移すべきかという課題に直面している。

4カ国のうち、野心的な計画のブレーキ役も果たしていたインドが(経済的に依存する)中国に反発するようになり、クアッドの首脳はより自由に行動できるようになったはずだ。米国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1523文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン