/

この記事は会員限定です

既存の貿易協定に成果反映 IPEF合意への課題

椋寛・学習院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
〇ルールや合意内容の実効性には疑問符も
〇異なる協力枠組みをつなぐ懸け橋に期待
〇既存協定が手付かずの輸出制限も議論を

世界経済が様々なリスクにさらされ経済安全保障が重視されるなか、インド太平洋経済枠組み(IPEF)が国家間の新たな経済協力の場として注目される。

IPEFはバイデン米大統領が5月に創設を提言した。貿易、サプライチェーン(供給網)、インフラ・脱炭素、税と反汚職の4項目を掲げ、新た...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2615文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン