/

この記事は会員限定です

バイオ分野のファウンドリー育成 脱炭素で化学原料生産

[有料会員限定]

熊本県への工場進出を発表した台湾積体電路製造(TSMC)は「ファウンドリー」と呼ばれる半導体の受託生産会社だ。こうしたファウンドリーをバイオ分野で育てようとしているのが、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が進めている「バイオものづくりプロジェクト」だ。

NEDOによると、欧州ではバイオプロセスで様々な化合物を作る中規模プラントがオランダなどで稼働しているほか、米ローレンス・バークレー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン