/

この記事は会員限定です

[社説]年金改正をシニア就業の拡大に生かせ

[有料会員限定]

高齢者の就業を年金制度の面から後押しする改正が4月1日に施行される。年金の受給開始年齢を希望者が75歳まで繰り下げることができる仕組みなどが始まり、働くシニアの選択肢が広がる。企業や政府は今回の改正をシニア就業の拡大につなげてほしい。

年金の受給開始年齢は65歳を原則とし、本人が希望すれば60~70歳の間で変更することができる。今回の改正でこの幅が60~75歳に広がる。75歳開始を選んだ人が毎月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン