/

この記事は会員限定です

単身高齢化で変わる葬儀事情 「自分で手配」を 官民支援

デンシバSpotlight

[有料会員限定]

6月に発表された2020年の国勢調査で、東京都の1世帯当たりの人数は全国で初めて「2」を割りました。高齢化や未婚化も相まって、単身で最期を迎える人が今後増える見通しです。身寄りのいない人も希望通りの葬儀を執り行えるよう、支援事業を始める自治体も出てきました。家族などに頼らない葬儀のあり方について官民の当事者に聞きました。

神奈川県横須賀市は15年から独り暮らしの高齢者が葬儀や納骨を市に託せる事業を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン