/

この記事は会員限定です

「新皇帝」、台湾統一の思惑 ライオネル・バーバー氏

英フィナンシャル・タイムズ前編集長

[有料会員限定]

秦の始皇帝は、中国の名だたる歴代為政者のなかでも、領土や文字などを統一したという偉業で知られる。秦朝は紀元前221年から同206年までしか続かなかったが、万里の長城をはじめ後世に長く残る遺産も生み出された。

秦の時代から2千年以上がたったが、習近平(シー・ジンピン)国家主席は「中国の夢」や「中華民族の復興」といったスローガンを軸に、偉勲を立てようとしている。武力などによる台湾の統一も、習氏が(本気...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン