/

この記事は会員限定です

アジア、偽情報の氾濫止めよ 権威主義との闘い

粕谷祐子・慶応義塾大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○東南アジアは過去10年で民主主義後退
○政府によるフェイクニュース悪用目立つ
○日本は苦境の民主化勢力へ支援多様化を

中国の軍事的台頭やロシアによるウクライナ侵攻を契機に、世界の政治的対立軸が民主主義対権威主義であるとの認識が広がりつつある。さらに民主主義陣営が協力して権威主義勢力と闘うべきだとする論調も米国を中心に拡散している。

バイデン米大統領は2021年12月、約110の国・地域の首脳...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2586文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン