/

この記事は会員限定です

阪神・青柳、熱投133球 完封逃したのは「僕の未熟さ」

[有料会員限定]

133という球数は、いまどきあまり見ることがない。その労報われず、九回完封を目の前にしながら、三塁・熊谷の失策から失点した。それでも阪神・青柳は自分を責めるばかりだった。

「失策というより、あそこで打たれるところが僕の未熟さかな」

ミスが出たときこそ踏ん張って、野手を守る大樹のような存在でありたい……。そんな気持ちがうかがえた。

2失点ながら、自責点はゼロ。規定投球回数に達したことで、1・13と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り428文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン