/

この記事は会員限定です

文系・理系の壁を取り払え 本間充氏

マーケティングサイエンスラボ所長

[有料会員限定]

日本には「文系」「理系」という言葉が存在する。この言葉は大学の受験制度により発生し、存在しているのではないかと思う。私も北海道大学に入学したときは「理Ⅰ」という入試区分だった。そうした大学受験制度を受けて、高校でも理系進学と文系進学のクラスに分かれていた。

文系と理系の分離は、ときとして学問の進歩の壁になる。私は大学卒業後、1992年に花王に入社した。配属された研究所の名称は「文理科学研究所」だった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン