/

この記事は会員限定です

過度な国内回帰、供給網弱く 経済安全保障の焦点

戸堂康之・早稲田大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○供給網は地理的に分散している方が強靱
○半導体生産工程を国内完結する必要なし
○研究開発拠点誘致や海外との知的連携を

世界のサプライチェーン(供給網)が変動している。中国との関係に安全保障上のリスクが認識され、日米欧が2019年ごろから中国との貿易・投資関係を規制してきたことが一因だ。

近年では半導体などの重要品目の供給網を中国から分離し、強靱(きょうじん)性を高めるため、日米欧各国は巨額の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン