/

この記事は会員限定です

思い切った金銭的報酬必要 家庭の節電促進するには

田中誠・政策研究大学院大学教授

[有料会員限定]
ポイント
○節電要請の効果は回数を重ねるほど減衰
○金銭的報酬の効果は値上げ方式の約半分
○電力会社の節電ポイントはあまりに少額

記録的に早い梅雨明けとともに、電力需給の逼迫が本格化した。電力の安定供給には、供給余力を示す予備率が少なくとも3%は必要とされる。だが6月上旬の予測で、今夏に東北・東京・中部エリアは3%近くになり、冬には東京から九州まで7つのエリアで3%を下回る見通しだ。東京エリアでは冬季に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

経済教室

マクロ経済学などを専門とする学者や有識者が内外の論文やデータを紹介しながら、学術的な視点から経済の動きをわかりやすく解説します。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン