/

この記事は会員限定です

足立正生監督「REVOLUTION+1」未完成版を緊急上映

[有料会員限定]

安倍元首相銃撃事件を題材にした足立正生監督の映画「REVOLUTION+1」緊急公開版が、国葬前日の26日夜に東京・新宿のライブハウス、ロフトプラスワンで封切られ、国葬当日の27日に各地のミニシアターで上映された。上映されたのは50分の未完成版だ。

映画の主人公は山上徹也容疑者をモデルにした川上(タモト清嵐)。現実の安倍元首相の銃撃映像に続いて、独房での川上の回想として、事件に至るまでの半生を振...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン