/

この記事は会員限定です

ライフスタイルの革新者 渋沢栄一が生んだ衣食住遊

[有料会員限定]

帽子、リボン、革靴、牛乳、ビール、庭付き一戸建て、ホテル、パーティー…。近代に入り芽生え、今や当たり前となったこれらのモノや生活スタイルには共通点がある。1人の企業家が、その誕生に関わっていることだ。その名は渋沢栄一。「日本資本主義の父」と呼ばれ、社会事業家としても知られる渋沢の第3の顔とは――。

洋風衣食、日本向けにアレンジ

今年3月、東京家政大学博物館(東京・板橋)の所蔵品に、近代服飾史の貴重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3699文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経独自の視点で、ファッション、グルメ、アート、カルチャー、旅など上質感のあるテーマをカバー。写真を大胆に使った美しいビジュアルで、読者の知的好奇心を刺激します。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン