/

この記事は会員限定です

コロナワクチン訴訟、「特許のやぶ」で泥沼化の恐れも

[有料会員限定]

米モデルナが、新型コロナウイルスのワクチンに関する特許侵害で米ファイザーと独ビオンテックを米連邦地裁などに提訴した。バイオ医薬品の開発過程は複雑で、多くの関連発明が絡む「特許の藪(やぶ)」と呼ばれる状況が、解決のハードルとして立ちはだかる。泥沼の訴訟合戦に発展する恐れもある。

モデルナが特許侵害を主張しているのは、ワクチンを構成するメッセンジャーRNA(mRNA)技術に関する3件の特許。2011...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1357文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン