/

この記事は会員限定です

現行日銀法下で初の「円安総裁」 その成果と危うさ

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

「5月上旬にかけての連休中の為替相場は気になる」――。27~28日の金融政策決定会合を前に、日銀内で聞いた声だ。今週に入り円売り圧力はいったんやや後退したものの、日本人が休暇に入ると円の取引が薄くなり、投機筋の売買による相場変動が大きくなりやすいのだ。

決定会合で金融緩和政策が現状維持とされた一方、5月4日には米連邦準備理事会(FRB)が0.5%の大幅利上げを決めそうになっており、再び円安・ドル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1767文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン