/

この記事は会員限定です

放課後の子どもの居場所 「困難」把握し支援の糸口に

[有料会員限定]

放課後の子どもの居場所が多様になってきた。様々な家庭環境の子どもが利用できるよう、支援を充実させた新しいタイプの施設が生まれている。その一つで、さいたま市見沼区にこの春できた居場所を訪ねた。

「あそぼっくすみぬま」。同市のNPO法人「さいたまユースサポートネット」が日本財団の助成を受けて開設した。中では読書や宿題、外では土遊びもできる。対象は原則、小学1~3年生で定員は25人だ。

取材に訪れた日は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り914文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン