/

この記事は会員限定です

遠隔地とつなぐ学び浸透 学生は課外時にインターン

大学、高校支援や解決提案

[有料会員限定]

学生がオンラインを使い遠隔地と接する学びを始めている。大学の授業は対面中心に切り替わっているが、居住地と離れた場所のインターンシップ(就業体験)に参加するなど、勉学以外の時間をリモートによる活動に費やす動きが加速。大学でも遠隔地とつなぐ授業が本格化してきた。ウィズコロナを教訓とした学びの新たなスタイルが浸透しつつある。

「毎日3時間ほど、岐阜県にある木工所のインターンをしています」。こう話すのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1681文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン