/

この記事は会員限定です

日本のオーケストラ新指揮者に個性派ずらり 新鮮さ競う

[有料会員限定]

日本のオーケストラの指揮者が多様化している。首席指揮者に東南アジア出身者が就いたり、ユニークな肩書を付けたり。ダイバーシティーが進むことで親しみやすさも生まれている。

「シンガポールには多くの文化が混在している。そこで生まれ育った私にとっては、マーラーの音楽もマルチカルチャーなんです」。日本フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者、カーチュン・ウォン(36)はこう話す。2023年9月からは同団の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン