/

この記事は会員限定です

投資の潮目、変わるか 不人気日本株に追い風も

編集委員 川崎健

[有料会員限定]

2022年が始まった。今年は投資家にとって「転換の年」になりそうだ。金融緩和が終息に向かい、10年以上つづくグローバル経済の潮流が変わる可能性が高いからだ。潮目が変われば、有望な投資先も変わる。「グロース(成長)株、米国株、パッシブ投資」という重宝されてきた投資の「3種の神器」はいよいよ一巡。不人気だった「バリュー(割安)株、日本株、アクティブ投資」には一転追い風が吹きそうだ。

「グレート・トラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン