/

この記事は会員限定です

バレエ界にウクライナ侵攻の影 日本人が相次ぎ帰国

[有料会員限定]

ロシアのウクライナ侵攻と新型コロナウイルス禍が、バレエ界にも暗い影を落としている。ロシアや米国などから帰国する日本人ダンサーが増えているのだ。彼らに何が起きたのか。

「楽屋の雰囲気が一変した。前は皆が家族のようだったのに、侵攻のニュースについて日々、意見が割れるようになった」。ロシア国立ノボシビルスク劇場バレエの第1ソリスト、福田昂平(31)は語る。

シベリア地域のノボシビルスクでは、侵攻後も変...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1223文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン