/

この記事は会員限定です

中国の個人情報保護法、1日施行へ 違反に高額制裁金も

編集委員 瀬川奈都子

[有料会員限定]

中国で個人情報保護法が11月1日に施行される。企業が収集する従業員や消費者など個人の情報の取り扱いを定めたルールで、違反には高額の制裁金が定められている。中国ビジネスを展開する日本企業にも適用されるため注意が必要だ。

Nikkei Views

編集委員が日々のニュースを取り上げ、独自の切り口で分析します。

中国国内の個人について、本人を識別できる情報を保護するのが同法の趣旨だ。氏名、生年月日のほか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1093文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン