/

この記事は会員限定です

インドのユニコーン、半年弱で16社 デジタル拡大続く

IT団体理事長、デジタル人材採用には「開かれた企業文化を」

[有料会員限定]

インドのユニコーン(企業価値が10億㌦=約1300億円=以上の未上場企業)の増加が続く。印ソフトウエア・サービス企業協会(NASSCOM)のデブジャーニー・ゴーシュ理事長は日本経済新聞のインタビューに応じ、2022年1~5月だけですでに16社のユニコーン企業が新たに誕生し、高水準が続いていると明らかにした。「デジタル分野がさらに拡大し、特にグローバル企業がインドに開発拠点を設置する動きが急増して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン