/

この記事は会員限定です

専門性見える化、スキルマトリックスで経営力の強化を

取締役の人選で効果

[有料会員限定]

取締役会が備える知識、能力などを一覧化する「スキルマトリックス」を開示する上場企業が増え始めた。自社の取締役会が経営戦略の方向付けや経営陣の監督といった役割を適切に果たしていることを株主・投資家に示すのが狙いだ。スキルマトリックスをいち早く導入した企業はさらなる応用で先を行く。

「欠けていたピースが見つかった」。ヤマハは2021年6月の株主総会で2人の新しい社外取締役を迎え入れた。NTT会長の篠原弘道氏と富士通元執...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン