/

この記事は会員限定です

日野の不正が映す組織の闇 「建設的ノー」言える職場に

上級論説委員 西條 都夫

[有料会員限定]

日本経済の基盤である製造業の不祥事が止まらない。昨年は三菱電機の社長が品質不正で辞任に追い込まれ、今年はトヨタグループの一角の日野自動車のエンジン不正が発覚した。名門企業はなぜつまずくのか。組織の奥底に潜む構造要因に迫ってみよう。

日野の特別調査委員会が8月に公表した報告書をひもとくと、浮かび上がるのは昭和の慣習や価値観を引きずる古色蒼然(そうぜん)とした組織風土だ。それを言葉で表すと、閉じた企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1898文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン